smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Welcome!


Information
サンプル・イベント・モニターならBloMotion [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。 ライターの募集・求人・登録なら【ブログライター】

Webライティングセンター
PR
profile
recommend
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
これまでの食の常識が覆る本です。
マーガリンは体に良くない、牛乳も駄目。
その理由をくわしく説明してくれます。
そのほかにも驚きの新事実が満載。
                         
sponsored links
最近のエントリー
カテゴリー
過去の記事
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< ごぼう茶の効果 南雲吉則先生 | main | 炭酸水でダイエット 世界一受けたい授業 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

氷えのきでキトサンパワーをあげる ためしてガッテン

「ためしてガッテン」(NHK)で「生かす!きのこパワー 13倍UP激うま健康ワザ」の特集をしていました。

きのこには、血液中のLDLコレステロールや、中性脂肪値を
下げる働きがあるそうです。そのなかでも注目されている成分の
一つが、キノコキトサン。

以前、「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)でも
紹介されていましたが、長野県中野市で
行われている、氷えのきにすると、通常の調理に比べて、
キノコキトサンが約12倍も取り込みやすい
とのことです。

ちなみに氷えのきの作り方は、

材料: エノキタケ(根元を切り落とし3等分に切る)…300g
         水…400ml

作り方は、

    1. エノキタケと水をミキサーに入れて30秒ほど粉砕する
    2. 鍋に1.を入れて強火で1分〜2分加熱
    3. 弱火にし30分ほど焦げないように加熱する
    4. 粗熱をとり、冷凍庫で保存

これは、きのこの細胞を壊すことで、細胞壁に含まれるキノコキトサンなどの健康成分が働きやすく、またうまみ成分も作られやすくなるとのことです。

氷えのきを調理に使うときは、60〜70℃にうまみが急増する温度帯があるので、60〜70℃の間をなるべくゆっくり通過するよう加熱することがこつだそうです。



安全、安心、美味しい野菜、きのこ、...

安全、安心、美味しい野菜、きのこ、...
価格:130円(税込、送料別)

at 21:45, yamato, 健康情報(食品関連)

-, -

スポンサーサイト

at 21:45, スポンサードリンク, -

-, -